「Unravel」のサウンドトラックが発売

UNRAV_KeyArt_Trimmed with text

「Unravel」の発売以来、ファンの皆さんと有意義なやり取りをたくさん重ねてきました。 素晴らしい方々と話し、いろいろなストーリーを聞き、多くの質問に答えてきました。が、まだ一つだけ答えていない質問があります――“音楽”についてです。 一番(断トツで!)多く寄せられた質問は、「Unravel」のサウンドトラックの発売日に関するものでした。 そしてついに、この質問に答えるときがやってきました。本日より、サウンドトラックが発売になります! 長い間お待たせしてしまいましたが、サウンドトラックの制作にはいろいろな作業が必要で、私たちとしてもちゃんとしたものを作りたかったんです。 楽曲のカバーや独自のアレンジなどをYouTubeに上げていただいたすべての方々、ありがとうございました。心から感謝しています。 最高に素晴らしい作品ですね! 公式バージョンもやっと完成しました。すべてのファンの皆さんに自信を持ってお届けできることをうれしく思います。

音楽は「Unravel」の声です。 言葉や文字で伝えない部分は、代わりに音楽を使えば伝えられることに気付いたんです。 ヤーニーが訪れるどの場所も、旅の道中で味わう浮き沈みも、音楽がその多くを語ってくれます。 このサウンドトラックは、フリダ・ヨハンソンとヘンリク・オヤによる作品で、スウェーデンの民族音楽や伝統楽器からインスピレーションを得て制作されました。「Unravel」のムードや雰囲気を美しく奏で、そして高めてくれています。 スウェーデン語で言うところの“vemod(ヴェモッド)”――“暗くも美しい”音楽です。 「Unravel」のサウンドトラックはファン必携のアイテムです。やっとお届けできることをうれしく思います! 本日より、世界各国のデジタルミュージックストアで発売です。 アルバムは¥11.99(1トラックの場合は¥1.29)でご購入いただけます。

今すぐ聴いてみてください:
iTunes
Google Play
Spotify